私たち株式会社ヤギは、繊維専門商社として1893年の創業以来1世紀以上にわたって、大阪・船場を拠点に繊維ビジネスの発展に寄与してまいりました。一貫して誠実をもって物事に取り組む大切さを説いた「終始一誠意」を社是として堅実な事業運営にこだわる一方で、急激に変化する経営環境に対応し持続的に成長するため、市場ニーズを的確に捉えてスピーディーに行動することにより、信頼されるパートナーとして繊維ビジネスの先端を走り続けてまいりました。

 

しかしながら、私たちの属する繊維・ファッション業界は、激変する国内外の経済動向を反映した先行き不透明感に加えて、従来の価値観が通用しない市場トレンドの構造的な変動にも直面し、当社グループも極めて厳しい経営の舵取りを迫られています。繊維・ファッション業界を含む国内外の経済は、今後も混迷が続くと予想されます。当社グループが厳しい経営環境下でも収益力を維持し、持続的な成長を実現するためには、長年培った資金力や信用力を基盤としながら、圧倒的な市場シェア(占有率)を持つ商権の獲得による差別化事業の確立が急務であると考えます。

 

そこで、来るべき2020年における「ありたい姿」を明確化し、その実現に必要な経営戦略を可視化する観点から、私たちはこのたび、2020年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画「SPARKS 2020」(スパークス2020)を新たに策定いたしました。

 

「SPARKS 2020」は、「総合力発揮の強化」「新領域への挑戦」「構造改革の実行」の3点を重点方針とし、「新しい商社像」を示せるリーディングカンパニーとなるべく挑戦していく意思を明確化しました。

 

ヤギグループは、最大の強みである「原料×テキスタイル×繊維二次製品」の連携による商品開発力・提案力を発展・深化させるとともに、その先にあるブランドプロデュースや新領域への進出により、既存のビジネススタイルを大切にしつつ、時流に合った情報を発信する不易流行の精神で、社会に貢献する集団であり続ける所存です。スピード感とパワーにあふれた繊維ビジネスの担い手として、果敢に挑戦してまいります。

 

皆様には引き続き変わらぬご支援をお願い申し上げます。